電子書籍について簡単にまとめました

電子書籍は、「持ち運びが楽でかさばらず、読みたい時読める、買いたい時にすぐ手持ちの端末から買える」など便利さがありますよね。また、単行本と比べ安値で買えるというメリットもあります。他にはどんなメリットがあるのか。「本の保管場所を取らない」、本としての形がないのでいくら持っていても端末の中にあるので場所はいりません。

電子書籍について簡単にまとめました

本だと引越の時も重たいしかさばるし大変ですね。売る側としても売り買いがネット上でき陳列する必要はなく在庫を持つ心配も要りませんのでメリットがありますね。

「単行本より価格が安い」、紙の消費や印刷のコストが無いため多少安価で販売されていて、エコにつながっています。「どこでも読める」、カラーで表示されていたり、文字の拡大が出来るため老眼鏡などの必要が無いです。また、スマホやタブレットの端末を利用するので暗所で読むことができます。

車の中や寝る前など明かりをしないので一緒にいる人に迷惑にならず読む事ができます。でも、暗いとこでの購読は目を悪くすると言われているので、長時間はあまりおススメはできませんね。「利用できる機能が豊富」、辞書、検索、文字の拡大縮小、音声機能もついているので、分からない単語はそのまま検索して意味を調べたり、目の不自由な人は音声で楽しむこともできます。「データ管理」、データとしての本なので劣化することもなく、消去をしない限り紛失はしないです。

データとしてなので在庫がなくなるって事もありません。単行本では同じ本を2回買ってしまったなど間違えがあったりするが、何を持っているかも整理できすぐに探せるので二重買いも防げます。

他には、ハリーポッターなど分厚い本だと太すぎて挫折しそうになるが、電子書籍だとページ数のみ表示でどんどん読み進めるだけなので、あとどれくらいなど形として先が目に見えないので挫折しにくくなるかもしれませんね。間違ってページがめくれてしまい先を見てネタバレしてしまったなども少ないのでいいですね。

本を出版したいと思っている人にもメリットがあるそうです。インディーズの漫画なども取り扱っているストアもあり、紙やペン、印刷などコストがかかってしまうが、デジタルなのでPC画面で書いたり色づけしたりでき、完成すると郵送でなくメール送信で手軽にでき、無名の人も利用しているそうです。また、最初に価格の安い電子書籍(個人出版)で名が売れて、出版社に認められたら紙での出版に辿りつけれることもあるそうです。

今後は、動画や音声を組み込んだり、他のコンテンツと連携させたり新聞や折り込みチラシ、教科書についても電子化を進めれば新たな可能性が生まれるそうですね。メリットは紹介しましたが、デメリットもあるのでしょうか。

「物理的な楽しみがなくなる」、本の匂いや紙の素材、触った感触などが無くなり、本をパラパラとめくる作業がないので「本」を読んでいるという実感がなくなります。また、温かみがなく無機質な感じたり、本を沢山持っていても形として目の前に並ばないのでコレクション感はないかもしれません。

同じ内容の本でも単行本の方が読了の満足感があると言われたりしています。 「読めない」、単行本は紛失したり破ったり、濡らしたりしない限り読むことは可能ですよね。しかし、電子書籍はデータがあっても読めなくなる時があります。

端末のバッテリー切れやストアによってはファイル形式が異なりスマホで購入してもPCや他の端末で見れない事があります。ファイル形式のバリエーションが多く互換性が少ないのが現状のようです。例えばAmazonで購入した電子書籍を楽天Koboのリーダーでは利用できないように、使用中の端末壊れたり、サービスが終了してしまうと今まで購入したものは読めなくなってしまうこともあります。

サービスを提供する企業の安定感なども考えて購入する必要があると思います。Amazonでは、iPhoneやAndroidでも無料のKindleアプリをダウンロードすればKindle本を読めるようになっていて、端末は電子書籍専用とは限られていません。「売買不可」、ダウンロードした端末での購読になるので単行本のように人との貸し借りができなかったり、本は読んだあと不要になった場合リサイクルショップで売ったりできたが、電子書籍は「使用権」のみを権利を買ってることになるので、売ったり、データを複写もしてはいけません。

「種類がない」、電子書籍が出てきたのは最近のことで、今まで発売された本が全て電子化されているわけではありません。なので、種類が沢山揃っているとうたっているストアでもまだまだ品揃えが薄いのが現状のようです。また、技術書や画集、写真集、料理本などは電子書籍に向かない分野と言われていますので、取り扱ってないストアも多いようです。

まだ電子書籍としての販売はないが、ニュースがネットで簡単に見れるようになり、新聞が売れなかったり、夕刊がなくなったりと紙媒体が売れなくなってきています。

本を出版する会社は電子書籍の利用者が増えてくると、本が売れないという不安も出てきますね。紙書籍市場の縮小に伴って編集者が切り詰められ本の質も悪化する懸念もあるそうです。

他には本と違い、海賊版や不正コピーが横行しないか、フォントや書面レイアウトの設定が機械の性能や読み手の任意に委ねられるため、著者が意図した形で書面を読んでもらえるなくなるのではと思っています。また、流通が簡素化されると輸送を受け持っている業者や本屋などが仕事が減り困るとこもでてきます。

実際利用している人はこんな感想もあるそうです。本という形がないので本を読んでるという心地がしない、目が疲れやすくなった気がする、ページを飛ばして前後するのがすぐにできないなどあるみたいです。

どんなに便利でもメリット、デメリットが存在するってことですね。利用者側と販売側を織り交ぜて言ってきましたが、実際利用するのは自分自身なので、スタイルにあった方法で本を読んだり、電子書籍で読んだりするといいかもしれませんね。